Monthly Archives: March 2011

S. Ann Dunham’s Viewpoint – Village Smithes, Music and Performing Arts in Java

Economic anthropologist, S. Ann Dunham (1942-95) researched a village of blacksmiths called Kajar on the outskirts of Jogjakarta city in Indonesia, for 14 years between 1977-91. Based on extensive reserch and observations in her dissertation “Surviving against the Odds, Village … Continue reading

Posted in anthropology, art, music | 1 Comment

鍛冶職人と音楽・上演アート ジャワにおいて~人類学者S.アン・ダナムの視点

■米経済人類学者S.アン・ダナム(1942-95)は、インドネシアのジョクジャカルタ市郊外にある一つの鍛冶村落、カジャールを14年間にわたり調査した。彼女は労作の博士論文Surviving against the Odds, Village Industry in Indonesiaの中で、ジャワにおける鍛冶職人と音楽、上演アートの関連を特筆している。 カジャールを含むジャワの鍛冶職人らは、農機具だけでなくガムラン(ジャワとバリの伝統的楽器)も製作している。金工職人は真ちゅうと青銅を材料にガムランの鐘、鍵を作る。ガムランの製作者は現在、楽器一式を海外へ輸出しており、主な購入者は欧米の学校や教育機関だ。ジャワにおいて楽器は娯楽のためだけでなく、社会の重要な役割をも果たしている。 ダナムはジャワの鍛冶業について、4種類の仕事を記述。これらは▽エンプempu(鍛冶頭)▽パンジャックpanjak(ハンマーを振る「先手」)▽トゥカン・ウブブtukang ubub(ふいごを押す「番子」)▽トゥカン・キキールtukang kikir(やすり掛け役)、だ。彼女はこれら役割の名称と演奏家・上演芸術家との関連性を指摘している。例えば鍛冶頭は、ワヤン・クリットwayang kulit(革製人形)の人形師が上演を“総指揮”するのと同じように、あらゆる器具の製作を”総指揮”している。 ダナムによれば、ハンマーを振る先手(さきて)数人は音楽のように1、2、あるは1、2、3のリズムで交互に鉄材を打つ。ジャワ語の「パンジャック」には音楽家あるいは演奏家という意味もあり、おそらくこのリズム音と関係している。大きな鍛冶村落に一歩踏み入れれば、鉄材を打つ音が村の隅々から響きわたってくる(Dunham 2009)。 ■興味深いのは、彼女はメンタルの面からプラペンperapen(鍛冶場)で働く女性を、以下のように記述している点だ。:―――女性がトゥカン・ウブブとして労働する場合、作業中はふいご台にとどまり、飛び降りたり男性との日常会話に参加したりすることはない。いくらかかしこまって座り、仮面のような特有の表情でおり、すべての感情と活気さを打ち消している。 記述はさらに続く。:―――筆者(ダナム自身)は初期の論文で、この表情とジャワの古典舞踊家、ガムラン楽団のプシンデンpesinden(伴唱者)、あるいは伝統的結婚式で着飾られた花嫁らの各表情とを対照させてみた。これは守りに入った保守的な表情にみえ、あたかも公衆からの誤解を招きかねない、“曝された”立場の女性がつくるものだ。鍛冶産業で労働する女性は、慣習的には彼女らに無縁な「男性の領域」に入るため、非難の的になると感じている(Sutoro, Dunham 1982)。 ダナムは、仮面のような特有の表情で‘ふいご役’として作業している若い女性の写真を残している。コピーライトの都合上、事例としては最適なその写真を掲載することはできないが、彼女の書籍Surviving-の139ページで、その写真を見ることができる。 ■ハワイ大学のナンシーI.クーパーが論文で、ワランガナwaranggana(プシンデンのこと)に触れているのも興味深い。彼女によればワランガナはしばしば、彼女らの“力”を具現化する’振る舞い’を抑え、男性をたてる。それは、男女が共有する「社会調和」というイデオロギーを保つためである(Cooper 2000、概要)。 ■アジアの共同体は、西洋よりは男女のテリトリーが明確と考えられる。ゆえに、もし女性が男性のテリトリーに足を踏み入れ、あるいは“侵入”した場合、女性たちは表情を控えめに慎み深く、謙虚に振る舞うだろう。逆に男性で女性のテリトリーに足を踏み入れた者は、気まずく感じ、横柄な態度を取ることはまずない。アジアの共同体が普通、男性優位社会にあるにもかかわらず―である。女性と男性はそれぞれのテリトリーの境界上で、敬意を持ちつつ相互に影響し合い、結果として “押しつ押されつの方法”で地域社会は自らの文化を発展・活性化させることができる。 音楽・上演芸能と社会との相互作用の理解を深化させることが不可欠であり、このためには、フリーランドの「体現化された社会、ジャワの舞踊伝統と変容」(社会価値と宗教、哲学などに関係したジャワ舞踊を論述)などの研究が今後も一層求められていくことだろう。 参考文献: Ann Dunham Sutoro,1982. “Women’s Work in Village Industries in Java.” Unpublished MS. ――――2009. Surviving against … Continue reading

Posted in anthropology, art, music | Leave a comment

Japanese Behavior under the Critical Situation

As we watched, demonic tsunami swept away innumerable children, men, women, old people, their photos, clothes, houses, cars, roads, temples, shrins,,,,everything in Tohoku area (northeast of Japan). The vast lands are lost as well because the height seems to be … Continue reading

Posted in 未分類 | Leave a comment