ジャワを快走~現役、日本の中古電車

4月に首都ジャカルタへ行った際、森林研究に励んでいる友人に会うため、南郊ボゴール[1]まで足を伸ばした。

かねてから、ジャカルタ~ボゴール路線にて、日本から輸入された中古電車が走っているとの情報を耳にし、
「○○行」「ドアに注意」などなど、日本語表示がそのまま残っているとのことで興味津々、
いつか乗りたい-との夢をようやく果たし、快速電車に駆け込んだ。

IMG_1358

ジャカルタ最大のガンビル駅を出発

IMG_1362

聞いたとおり、車内は明るくきれい。
ヤギやニワトリが同乗する一般電車と比べては…

たしかに車内は日本の電車の雰囲気(ヤギや物売りがいない^^)。大半は、東京都内で使用されていた車両だそうだ。南国にいながら都内を走っているような、不思議な感じに。
(これ→は何線車両だ?)

ただ話に聞いていた、日本語表示は残っておらず、いささか残念でガックリ。
それでも学生の時の懐かしい通学気分を、周りがインドネシア人の中で思い起こすという、奇妙な感覚を楽しめたのでした。

IMG_1363

そっくりな母子

IMG_1364

そっくりな父子

IMG_1365

ほとんどの乗客が携帯いじり

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

約1時間の小旅でボゴールに到着。 あった、あった、噂に聞いていた “日本語表示そのまんま”。  「急行 長津田」、東急電鉄車両ですかね。

express Nagatsuta 急行 長津田

「express」表示だけど鈍行

IMG_1380

見え難いが、前部に
やはり「急行 長津田」の表示

.
.
.
.
.
.

どうやら日本語表示は、快速車両では撤去されているが、鈍行車両にはシッカリ残っているらしい。

no smoking 「禁煙」表示そのまま

「禁煙」 「マナー」の文字も

IMG_1388

おきまり “車内流しバンド”

IMG_1378

公共交通機関に必ず出没する流し

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

日本から輸入された中古電車は100車両以上にのぼるらしい。資源の有効活用は悪くない。
二国間協力の話は抜きにして、日本の電車が祖国では“引退”後も、インドネシアで庶民の足として“現役活躍”しているのは喜ばしい。「きれいで快適」なため、市民の評判も上々だ。

南国の風に当たりながら、“東京の電車”に乗るのはちょっとした異空間体験で、
いつもは喧しい流しバンドの音楽も不思議な響きに聞こえ、この時ばかりは心地よかった。

その他写真のスライドはこちら
.
[1]年間を通じて降雨量が多く、東洋一のボゴール植物園Kebun Raya Bogorがある。戦時中は、日本人が園長を務めた時期もあった。

About Yoshi Maeyama

Devotee of an anthropologist, S.Ann Dunham, translated her dissertation book "Surviving against the Odds - Village Industry in Indonesia" into Japanese. Graduate student in Gadjah Mada University. http://www.myspace.com/ammaeya/blog
This entry was posted in trip・旅. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s