農村を翔けたオバマの母-インドネシアの民と歩んだシングルマザー【3】マイクロファイナンス専門家=「スモール イズ ビューティフル」

開発プログラムでロンボク島を訪れたアン(左)と村の女性ら=米国立人類学アーカイブ提供

開発プログラムでロンボク島を訪れたアン(左)と村の女性ら=米国立人類学アーカイブ提供

ジョクジャカルタを見下ろす火山ムラピを思わせる長身のアントン・スジャルウォ(68)。1960年代からへき地での水資源確保などに取り組むヤヤサン・ディアン・デサの代表を務めてきた。

「ヤヤサン」は財団のことだが、資金援助だけでなく技術者らが村民とともにパイプや雨水タンクなどを敷設する草の根実行団体だ。ディアン・デサは「村のともしび」という意。

「アン・ストロとはよく現場で、インドネシア語と英語を交えて議論したよ」。深々と語り始めたアントンは70年代末、中ジャワ州スマランで行われた地域開発プロジェクトで知り合った。アンが著書でアントンの活動を記すほどに信頼関係を深めた。

 

■自分のモラル

ディアン・デサのスタッフと打ち合わせするアントン=筆者写す

ディアン・デサのスタッフと打ち合わせするアントン=筆者写す

アントンは地元の国立ガジャマダ大工学部で学んだ。ある日、入居していたキリスト教系宿舎を訪れたスイス人牧師から農村支援活動の話を聞き、ムラピ山麓の村を訪れる。生活水を得るために女性や子どもらが毎日、数時間かけて水流へ汲み取りに行く現実を目の当たりにした。

「なぜ地元のあなたたちが、苦しい村民に手を差し伸べないのか」。牧師の言葉が胸に突き刺さった。アントンは「宗教の教えというよりは自分のモラルとして、何かをしなくてはならない」。在学中の68年、有志2人とディアン・デサを立ち上げた。

72年に財団として登録して以降、地域社会や文化に即した「適正技術」を基に、廃水処理、バイオマスのエネルギー利用など活動は多岐に及んだ。支援地域は東ジャワ、アチェ、東ヌサトゥンガラへと広がる。マグサイサイ賞受賞など国際的にも評価され、世銀や十数カ国の団体、日本の国際協力機構(JICA)やNPOのAPEXも協力してきた。

 

■数値でない「幸福」

ロンボク島の村で老婆とアン(米国立人類学アーカイブ提供)

ロンボク島の村で老婆とアン(米国立人類学アーカイブ提供)

スマランでのプロジェクトは、米国際開発庁(USAID)の資金援助によるもので、同庁スタッフとして農民や零細事業者への小口低利融資=マイクロファイナンス制度を担当していたのがアンだった。

「情熱家で、特に農村での女性の役割になると話がとまらなかった」。アントンによると当時はまだ、ジェンダー(性的差異)の視点は一般的ではなかったが、アンはすでに女性が重要な役割を占め、それが政策では見落とされていると指摘していた。

アントンは適正技術のエンジニアとして、アンはマイクロファイナンス専門家として、それぞれたどり着いた答えが「住民の自主性を支援」。考えが同じと知った二人は、いつしか「スモール・イズ・ビューティフル」が合言葉になった。70年代にベストセラーになった本の題名だが、各々の信念をその言葉に込めた。

技術畑出身のアントンは「アンから学ぶことが多かった」。女性の仕事、ゴトンロヨン(相互扶助)、地域コミュニティーにとっての幸福――。「数値や金額には表せないものにも価値があると教えられた」

 

■フォード財団で再会

プロジェクトが終わると、アンは81~84年に米フォード財団ジャカルタ事務所で働く。採用の時に面談したのが、いまはインドネシアのテロ分析専門家として知られるシドニー・ジョーンズ(64)だった。本来は地域紛争の平和的解決が専門で、シドニーは、「現地を知るスペシャリストとして、アンは打って付けの人材だった」と振り返っている。

フォード財団は、ディアン・デサを支援した最初の外国団体だった。アントンはジャカルタ事務所を訪れる機会が多く、アンと再会した。そこでは、母に会いにハワイから来ていたオバマ青年を見掛けたこともあった。

「情熱的だったアンをいまでも思い出す」。そう語るアントンは古希に近づいてもなお、辺ぴな島しょ地域へきょうも足を運ばせる。(敬称略、【4】へつづく)

About Yoshi Maeyama

Devotee of an anthropologist, S.Ann Dunham, translated her dissertation book "Surviving against the Odds - Village Industry in Indonesia" into Japanese. Graduate student in Gadjah Mada University. http://www.myspace.com/ammaeya/blog
This entry was posted in anthropology and tagged , . Bookmark the permalink.

One Response to 農村を翔けたオバマの母-インドネシアの民と歩んだシングルマザー【3】マイクロファイナンス専門家=「スモール イズ ビューティフル」

  1. Pingback: 農村を翔けたオバマの母-インドネシアの民と歩んだシングルマザー【2】フェミニスト =変わった親友同士「宇宙人」 | Tsuyoshi-hotm

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s