Category Archives: art

multiplying shades – homage to A.W. –

You may feed these vague fishes painted in black-and-white.

Posted in art, music | Leave a comment

a certain slant of light — one year since M.K.’s passing

ご存じ、デビッド・シルビアンがミック・カーンを悼んだ鎮魂歌。 ビデオのヴァージョンは、Died in the Woolに、A Certain Slant of Light (for M.K.) のタイトルで収められている。 歌の後のインストは、Brilliant Treesを想い起させるかのように、霊性の音が漂う。 エミリ・ディキンソン(1830-86)のこの詩には、様々な和訳があるが(坂本龍一氏も訳しているらしい)、 アルバムの中でやや異色のこの曲を傾聴すると、D.S.の声が想念を伝えてくるかのような錯覚に襲われ、 僭越だが、曲調に合うかのように訳してみた。 詩の和訳は初めての挑戦(ただ先達訳を参考にさせて戴いた…)だが、 詩とは; 文学~音楽の狭間、または「言葉以前」のものが蠢く音楽のような気がする。 As fans know, David Sylvian sings “A Certain Slant of Light” for Mick Karn as a requiem. This Emily Dickinson’s poem has … Continue reading

Posted in art, music | Leave a comment

memo-ir

Everything and Nothing = 無一物 ヒッグス粒子 Higgs boson = 質量の発生 蛋白質の“星”

Posted in art, trip・旅 | Leave a comment

鍛冶職人と音楽・上演アート ジャワにおいて~人類学者S.アン・ダナムの視点*

■米経済人類学者S.アン・ダナム(1942-95)は、インドネシアのジョクジャカルタ市郊外にある一つの鍛冶村落、カジャールを14年間にわたり調査した。彼女は労作の博士論文Surviving against the Odds, Village Industry in Indonesiaの中で、ジャワにおける鍛冶職人と音楽、上演アートの関連を特筆している。 repost: the original was uploaded March 29, 2011

Posted in anthropology, art, music | Leave a comment

アチェの復興にみる民族舞踊 ~津波から6年~

2004年末の大津波に見舞われたアチェ。あれから6年余り。政府が特別設置したアチェ復興庁の先導で、惨事の爪痕は残っているものの、人々の暮らしは平穏に営まれている。独立派との和平成立後の経過が比較的平穏なのも、大きな幸いだ。 自分が暮らすジョグジャの地元NPO(ちょっとお付き合い)も、日本の資金援助を受け現地の衛生・生活水確保の設備活動を続け、一定の役割を果たしてきた。 アチェの代表的な民族舞踊といえば、サマンSamanが知られている。「千の手の踊り」ともいわれ、そのユニークかつ芸術性の高い踊りは国内外の人々を魅了。映像を一視すれば、きっとお分かりいただけるだろう。 古い新聞記事だが、日本とインドネシアで活動する関将(せき・しょう)さんというギタリストが「サマンはアイヌ文化と似ている」とコメント。なにムム…と好奇心をくすぐられ、サマンをつらつらと再考してみた。 .これ→は自分が08年、ジャカルタの舞台付きレストランで撮影したもの。踊り手はアチェの人々ではないが、インドネシアの由緒ある伝統舞踊団が披露してくれた。 近くで観ると、奇声を発し動きを加速していくその迫力たるや。パンクなんぞカワイイもの(ちょっと聴いた時期が^^)。ピタコラ体操か、モザイクの様なパターンで埋め尽くされたエッシャーの絵を連想した。 脱線した… サマンは、アチェ(スマトラ島北端部)の山間地に暮らすガヨ族を中心に受け継がれている。基本的には列をなし正座したまま。しかしリズムは躍動的で、踊り手のシンクロかつ計算されたユニークな動きの組み合わせが特徴だ。 掛け声を合わせ、間髪いれぬパフォーマンス。次の踊りは次第に加速。最後は膝を立て、ハイパースピードで複雑な舞いを見せる。(上記の関さん、相当サマンにハマっているようで、詳しく書かれている[1]) これまでの知識不足を痛感し、自己反省と勉強になったのだが、サマンは元々はガヨ族の男性だけが踊るもので、闘争前の集団トランス状態になるための儀礼的要素が色濃かったようだ[2]。サマンはアチェの伝統舞踊として知られているが、「ガヨ族の踊り」と別称するのが適当かもしれない。 .後に、女性の舞踊が混同され、アチェ族やバタック族など他部族に吸収・伝播されアチェに広まり、演出重視で洗練されていったらしい。やがて国内外に知られ、人々の心を惹きつけ、地元以外のインドネシア人や外国人(日本人も)にも体得を望む人が増えた。 知名度向上とともに演出に工夫が凝らされ、衣装もムラユ族風に煌びやかに。震災から一定の復興を果たし、地元の人々による伝承が蘇っている。近年は海外公演も多く行われ、サマンはオリジナリティを離れているが、舞台芸術として益々発展しているようだ。一方、自らの文化を知ってもらおうと、ガヨ族の男性による公演も活発に行われている。 インドネシア文化観光省は、「今年11月にも、ユネスコにより無形文化遺産に指定されるだろう」と。もし実現すれば、世界に一層注目されるに違いない。[3] .サマン以外にも、アチェには素晴らしい歌謡がある。震災後のチャリティー番組で、アチェの男女2人組がアコースティックギターを手に歌っていた、地元のフォークfolk(民謡)が深く耳に。まるで大地を劈(つんざ)くような歌声で、民の逞しさというか底力がぐいぐいと。生憎、歌手/曲名を覚えそびれ、どなたが心当たりがあったら、教えてくださいませ。 アチェの文化蘇生を考えると、被災後も大変な避難生活と原発事故に苛んでいる東日本の方々を思わずにはいられない。「故郷の声」が東北の地に再び響き渡ることを。スマトラ沖地震後、被災地で医療活動に携わったインドネシア人女性が、日本での看護師国家試験に合格した際、「できれば(東日本の被災地に)行かせてほしい」と言った。その言葉だけでも、まったく頭が下がる思いだ。なにか、自分の身の丈でできることを… はじめの関心事、サマンとアイヌ文化との類似云々はどっかにいってしまったが、また折をみて探るとして。 と今回も、徒然のままで__。 . [1] 関将氏ブログ:Tari Saman(サマン・ダンスとは??) . [2]TARI SAMAN ※ネット散策のみだったが(怠慢ですみません)、最もよく解説されていたのがFacebookページだった^^ . [3]予想通り2011年12月、ユネスコにより世界の無形文化遺産リストに登録された。

Posted in anthropology, art | Leave a comment

ガムランの郷愁とコスモロジー ~小泉文夫とJAPAN~

夕陽がジョクジャカルタの空を紅く染めると、キャンパスの一角から聞こえてくるガムランの調べ。時より、学生サークルがリハしているものだ。 この響きに何度癒されたことか―。とりわけ昨年11月のムラピ山噴火[mov]で心身が凹んでいた頃には、心底救われた。 耳に届いてきた旋律は、あのJAPANのVoices Raised in Welcome, Hands Held in Prayerのリフレイン。曲の骨格になっているのがジャワ・ガムランだ。これについてはファンや東京音大Aneka-Sariの方が詳しく解説しておられるので、ここでは触りの薀蓄(うんちく)だけをちょっと: ジャワ・ガムランの音階には、PelogペロッとSlendroスレンドロの2種類がある。Voices-に使われているのはペロッ音階で、1オクターブを不均等に7分割している。これがガムランセット、あるいは村によって少しずつ調律がずれているというのだから、如何にも南国らしい ^*(*^^ 。 このペロッ音階が、えも言えぬ郷愁を誘う。 ジャワ・ガムラン(正確にはジョクジャ・スタイルの)は、○形式△用☆音階◇調という風に区分される。Voices-の音源は、ラドラン形式トゥダ‐サキン用ペロッ音階バラン調というらしい。ラドランLadrang はジャワ・ガムランの中でも更にゆったりした様式、トゥダ-サキンTedak-Saking はよく分からない^^。バランBarangは7音階の第1音調を指すらしい。 大学サークルがリハで奏でていた音色そのものを、ここで紹介できればいいのだが、耳にしたのが生憎、逍遙中だったり、カメラを持ち合わせていない時だったり。 どうせ、ネットに同じスタイルの演奏がアップされているだろう――と高を括っていたが、、ない…。やっとなんとか、ラドラン形式ペロッ音階バラン調-までは同じ演奏を見つけた。 旋律の一部が、なんとなくVoices-に似ている(かな^^;)。が、スバリそのものではなく、しかも演奏はジャワ人ではなく、米コーネル大学(アジア研究が盛ん)学生によるもの。〔ということは、Voices-音源と同じ区分の演奏は‘レア物’?〕 ウーン、さて、いかがなものかと額に手を当てていると、ふと民族音楽学者・小泉文夫氏[1]の記念資料室が同区分の演奏記録をネット公開していたのを思い出した。 同資料室の検索結果 あるいは、こちらから.m3uをDLしてネット聴可。1分辺りにVoices-のリフレインが聞こえてきます。 小泉氏が1971年にジョクジャカルタで採録。冒頭の同氏の語り口が何とも味わい深い。上述のAneka-Sariの方が指摘しているように、原曲(同区分曲)と聴き比べると、デビシルとステがあのリフ部分をピックアップし、そこに重ねている音とリズムのセンスの良さには、呻るばかりだ。 生前の小泉氏による膨大な資料数をみると、「この人は一体、1年間に何カ国廻って採録蒐集したのだろう」と、これまた改めてウーンと声が漏れる。以前にも書いたが、デビシルのインスト作品の中には、小泉コレクションを音源としているものがあり、Voices-も同コレクションから抽出、あるいはスティミュレイトを受けてアレンジったのは間違いない(だろう)。 ■ ジャワのガムランは単調で(特にバリのガムランと比べると)、大半はひたすら4拍子のリズムを繰り返すのみ。balunganバルンガン(骨格となる旋律)を倍、倍々...と伸ばすことで変化を付ける。これにjam karetジャム・カレッの概念と結びつける考察が多い。 ジャム・カレッとは、インドネシア語で「ゴム時間」の意味。要は、約束の時間にルーズなインドネシア人において、1時間遅れようが半日遅れようが、時には1日!(昔は)遅れようが、時間はゴムのように伸び縮みするので「ティダ・アパ・アパ」(問題ないよ~ん)といった具合の、時間観念だ[2]。 ジャワ・ガムランのリズム感に「ゴム時間」を当てはめるのは間違いではないと思うが、16ビートのガムランを奏でるバリ人だって時間にはいい加減だし、約束の時刻を守らないのは何もインドネシア人に限ったことではない(「ゴム時間」の概念はどこから来ているか―という議論の余地もある)。 推測だが、ジャワ文化の中心=ジョクジャカルタのコスモロジーと関連があるのではないか、と踏んでいる。ジョクジャは北にムラピ火山がそびえ、南には恐ろしくも慈悲深い女神ニャイ・ロロ・キドゥルがいるジャワ南海沿岸。山と海に挟まれ東西に道が延び、東にはプランバナンの巨大遺跡、西方にはボロブドゥール遺跡が残り、各先は“他界”へと通じる。 ジョクジャの人々は、南北に善、東西には悪の精霊が宿り、そのへそにスルタン(および宮殿)があるというコスモロジーを抱いている。この四方を巡回するサイクルが、単調な4拍子とつながっている(だろう)。 スルタン(イスラム王侯)の政(まつりごと)が堕落すると、東西南北の精霊パワーの均衡が崩れ、天変地異や政変が起きると考えられている。リズムが崩れ変調すると、その度に王朝が入れ替わる、あるいは外部者により侵攻される――そういった歴史を繰り返してきた、とみている。 事実、ムラピ火山が昨年大噴火した際には、中央政界を狙うスルタン(現在の州知事)に寄せる民衆の信奉が弱まった証だ―という批判が起きた。ちなみにジョクジャのスルタンの正妻は人間ではなく、女神キドゥル!である。 この手の関連書では、ガムラン演奏集団を主宰されている中川眞さんという芸術学者が、Musik dan Kosmos(音楽とコスモス)という本を、なんとインドネシア語!で著している(全171p)。実はまだ読んでいない;ので、独断仮説を検証するためにも拝読したい。 ということで、「これぞ、JAPANのVoices-音源オリジナルのガムランだ」 と見つけた方は、是非教えて下さい。批判、ご意見も大歓迎。 . … Continue reading

Posted in anthropology, art, music | Leave a comment

S. Ann Dunham’s Viewpoint – Village Smithes, Music and Performing Arts in Java

Economic anthropologist, S. Ann Dunham (1942-95) researched a village of blacksmiths called Kajar on the outskirts of Jogjakarta city in Indonesia, for 14 years between 1977-91. Based on extensive reserch and observations in her dissertation “Surviving against the Odds, Village … Continue reading

Posted in anthropology, art, music | 1 Comment